無症状キャリアにHIV検査を・・

QLOOKアクセス解析

献血と薬害エイズについて

献血と薬害エイズについて

かつて献血や売血から作られた血液製剤による薬害エイズ被害が発生しました。
 
1980年代までに血友病患者などに使われていた外国製の非加熱の血液凝固因子製剤により、世界中にHIV感染者やAIDS発症者が見られました。
 
特に日本における被害は大きく、血友病患者の4割にもあたる1800人がHIVに感染し、その半数がAIDSを発症して亡くなっています。
 
これほどまでに広がった原因は、原料となる血液の一部がHIVで汚染されていたためです。
 
当時はAIDS発症のことがよく分かっておらず、多くの人から集めた血液から作られる非加熱製剤が主流だったのです。
 
これ以降なるべく少人数の血液から血液製剤を作れるように成分献血や400ml献血が行われるようになりました。
 
1980年代後半には、エイズが広く知られるようになり、HIVの危険性が判明しHIVを不活性化した加熱製剤が出回るようになりました。
 
ところが、日本でも1983年には当時の厚生省生物製剤課郡司課長など、エイズの危険性を認識する人がいたにもかかわらず、1985年にWHOが加盟各国に血友病患者に加熱製剤を投与するよう勧告するまで、加熱製剤は承認されませんでした。
 
加熱製剤の国内での開発が遅れる、非加熱製剤の回収が遅れるなどの不手際が続き、薬害エイズ患者を拡大させることになったのです。
 
このように、日本における薬害エイズは国の不手際が原因によるところが大きく、エイズ発症を防げた人も多かったと考えるととても残念なことです。
 

管理人はエイズ撲滅活動をしております。
少しでも皆様にHIVに対する興味を持って頂きたく、記事にしております。